首から指先までのしびれがあるのでMRI検査を整形外科で受けた

こんにちは。

首から指先にかけてしびれがでるようになったので、病院へ行くことになったんですね。

前回の記事ではMRI検査をすすめられるところで終わっていました。

 

で、実際にMRI検査をうけたので、ご報告したいと思います。

 

MRIの復習です

MRI検査とは、強い磁石とラジオに使われているような電波を用いて体内の状態を画像にする検査です。
体内の水素原子を磁場と電波の力でゆさぶり、原子の状態を画像にします。
体内の様々な病気を発見することができますが、特に脳や脊椎、四肢などの病気に高い検査能力を持っています。

出典:http://www.kuki-med.jp/ctmri/

 

MRI検査を整形外科で受けた感想

 

MRI検査自体は放射線科で受けますが、整形外科の先生が症状を判断するためにMRI検査をうけたという事になります。

 

以前、事故でMRI検査をしたときは、全身すっぽり入る筒の中に入った記憶がありましたが、今回は首だけという事で全然閉塞感はありませんでした。

 

頭から胸あたりまでが筒にはいっているようなイメージです。

しかも、全身用ではなく部分的な装置に少し入ってたようなイメージです。

 

だから、全然怖さとかはなく、相変わらず一瞬爆睡していました^^

床屋や歯医者でも治療中に寝る位なので、横になったらすぐに寝れるタイプといっても過言ではないかもしれませんね。

 

そんなことはどうでもいいとして、久しぶりのMRIでの感想です。

 

季節が夏でしたので、言われた通りボタンのない短パンとシャツで病院へ向かいます。

別にボタンなどがあっても着替えがあるので安心して下さいね。

 

着替えるのが面倒くさかったので、MRI用の服で病院へ行っただけです。

 

MRI検査は横になり、MRI検査中の工事現場のようなうるさい音から耳を保護するために、肉厚なヘッドホンをします。

 

で、実際に受けてみるとやはり、工事現場のような音が定期的に流れます。

音の原因は磁場を変化させるときに発生する音のようですね。

 

難しいことはよくわかりませんのでこの位にしておきますが、閉塞感がないため特に恐怖感はありませんでした。

 

恐らく、実際にMRIを受けることによって気分が悪くなった人などがいるのでしょう。

右手に緊急停止ようのものを握らされました。

 

実際は、その握らされた物を握ることにより、放射線技師さんへギブアップの連絡ができるという事です。

 

今回は、全身でもなかったので途中でその装置は握りすらもしていませんでしたが^^

首だけのMRIなら、特に今恐怖などないことがおわかりになりましたか?

 

自分の体が心配なら受けた方がいいと思いますよ。

保険が普通に使え3割負担ですが、8000円弱しましたが( ノД`)

 

MRI検査を整形外科で受けた結果

 

MRI検査を受けても、画像化するまでに1時間位はかかりますと、前回の受信で言われていましたので、ブラブラして整形外科の待合室へ。

 

こういった待っている間ってスマホを触ることが多いですよね?

私もだいたいスマホで何かを見ていますが、今の状態だと体制しだいでは激痛やしびれが襲ってきて、長時間はきつくなってきます。

 

そうこういている内に、○○さんと呼ばれました。

名前を呼ばれて診察室へ入る途中、以前お世話になった前回とは違い若い看護師さんと久しぶりに会いました。

 

向こうもこちらを覚えており、ちょっとびっくりした表情をしていましたが、軽く会釈をしてそのまま診察室へ。

診察室へ入るとまたまた、以前お世話になった若い看護師さん。

 

二人とも、私が入院したころは新人だったので、看護師さんらしからぬ学生気分のノリでいたことを注意されていたことなどを思い出しました。

 

ですが、二人とももうすっかり慣れたような自信のある表情をしており、成長したなと感じましたね。

 

さぁ、いよいよ診察です。

 

何かはっきりした原因がわかり、ピンポイントの治療法を期待して診察を受けます。

 

いや、本当にこの状態がこのまま永遠と続くとなると本当に生き地獄です( ノД`)。

 

きっとなにか本当の原因がわかり、適格な治療法がみつかり少ししたら完全に良くなっている事を期待していました。

 

先生からはMRIの画像を見せられながら説明を受けます。

MRIなら縦割り画像も見れますし、前回よりも細かい画像があったと思います。

 

ですが、見慣れない素人にははっきり言ってよくわかりません(;^_^A

先生の話をしっかり聞いて、わからない所は質問するという感じですね。

 

色々診察を受けてわかったことは、そこまで大した事ないということ。

なので、近くのクリニックをすすめられました。

 

神経を骨で圧迫されている事は間違いなく、当人としては結構つらいのですが、先生から見たらもっとひどい症状の人を多く見てきているのでしょう。

 

大きな総合病院とかでなくても、近くのクリニックレベルで十分に対応可能とのこと。

で、やはりメインは薬療法。

 

ですが、永遠と薬を飲み続けるのでは?

 

ちょっと心配になったので確認しましたが、だいたい3カ月位でよくなるという返事。

 

もちろんよくならない人もいるようですけどね。

 

ああ、そんなんだと思いつつも、骨が神経を圧迫しているのに薬だけでよくなるのが疑問でしたが、聞きそびれてしましました^^

 

紹介状を書いてもらい、次回からは近くのクリニックへ通院することになりました。

また、新しい病院へ通い始めてから、薬だけでよくなる原因などをあらためて聞いてみたいと思います。

 

この記事を書いている時も、痛みやしびれがあるんですね。

そしたら、ゆっくりしりゃいいじゃんという声も聞こえてきそうですが、なんだか長引きそうなので記録をとることにより、同じ症状の人への参考になればと思っています。

 

しばらく薬療法が続きそうなので、今日から真面目に薬を飲みたいと思います(*^^)v

あなたも、しびれなど異常を感じたら早めに受診して下さいね。

 

やはり、症状が軽いうちの方が何かと手遅れにならなくて済むと思います。

 

前回の記事はこちらです

左半分の首や腕・手先がしびれ人生終わったと感じる日々・・

 

コメントを残す

*