その原因xで紹介された喜界島流長寿の秘訣その①

この記事を読むと読まないとでは、健康で長生きする秘訣を知らないままこの先生きていくことになるかもしれません。

もし、自然に健康になりたかったら読み進めて下さいね。

↓ ↓ ↓

フジテレビの「その原因x」で鹿児島県の喜界島流長寿の秘訣が紹介されていました。

たった人口約7000人の島に90歳以上の方が258人もいるというから驚きです。

 

毎日筋トレで93歳男性

 

すごく元気な細めのおじいちゃんでした。

  • 足首に重りをまいて15分ウォーキング
  • 自宅でエアロバイク
  • 自宅でゴムチューブを使った筋トレ
  • 自宅で鉄アレイを使った筋トレ

 

筋トレと言っても、気合入れてするのではなく生活習慣の一部として継続するのがポイントだと思います。

  • 足腰が強い→歩ける→健康
  • 足腰が弱い→歩けない→不健康
  • 登山家で有名な三浦雄一郎さんも足首に重りをつけたり、重いリュックを背負って歩いている

 

みんなと笑顔でコミュニケーション

 

65歳以上の人が集まって、月に1回ボールを頭上で回して、肩をたたかれた人は踊るというゲームをしていました。

みなさん笑顔で楽しそうにボール渡しをしています。

ボールを渡しと踊りで体を動かすのも健康にいいですが、やはりコミュニケーションをとることで、ボケ防止にもなるのがいいではないかと思います。

  • 笑う事はは脳や、神経を刺激する
  • 笑う事は免疫向上効果がある
  • 体を動かすことで足腰が丈夫となり、いつまでも歩けるようになる

 

毎晩のビールと刺身で92歳男性

 

92歳にしては中肉中背の体型はまだまだ先が長いという印象でした。
まだ、車も運転されているというから驚きです。

 

75歳以上は認知症検査を受ける必要があり、それをクリアしているということです。

 

この方に秘訣を聞くと「毎晩のビールと刺身が健康の秘訣」だとか。

そういえば、少しだけお腹がでていたと思いますので、92歳で驚きのビール腹かもしれませんね。

 

残念ながら、番組内ではどのくらい飲んでるかまでわかりませんでした。

 

  • 少量の酒は胃酸を出して食欲がすすみ栄養が取れる
  • 生魚は酵素(こうそ:病気の時は代謝酵素が多く使われ、逆に消化酵素が不足して消化不良になる)が豊富
  • 魚の油は血液中で固まらなく、EPA、DHAが多いので動脈硬化(どうみゃくこうか:最終的に血管が細くなり血液が流れなくなる)予防になる

 

ヒルの野菜炒めと食後のデザートと黒砂糖の87歳女性

 

笑い声が大きい、まだまだ元気な87歳女性で、座った体制から立ち上がるのが小学生並みに軽やかだったのには驚きました。

 

週5日食べるという食事は、ヒル(にんにくの葉の部分)と肉と大根や人参を入れた野菜炒め。

 

番組の先生は

ビタミンK、ビタミンD、カルシウムを含んでいるので、骨を作るゴールデントライアングル。

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)防止になる。

と言われていました。

 

骨を作るゴールデントライアングルの根拠を調べてみました。

  • カルシウムは骨や歯を形成
  • ビタミンKは骨を作る働きがある
  • ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける

にんにくの葉の部分ってあまり見かけたことがありませんが、プランターでの家庭菜園でも作れるようですね。

 

根付時期は9月中旬~10月下旬で収穫時期は、翌年の5月中旬~6月中旬のようです。

これから収穫時期に入りますので、農家の方に頼んだら譲ってくれるかもしれませんね。

 

しかし、ほとんどの方が農家から譲ってもらうことはできないと思ったので、通販がないか調べてみました。

 

楽天ですが、行者ニンニクというのがありました。

しかし、行者ニンニクにビタミンKが含まれているか不安わからなかったのですが、しっかりと含まれているようです。

 

↓ ↓ ↓

ギョウジャニンニクに含まれるビタミンKの量は生鮮食品でもトップクラスです。これにはカルシウムを骨に定着させる働きなどがあり、骨を丈夫にするのに役立ちます。

出典:旬の食材百科

 

下記リンクは楽天で、行者ニンニクをボイルして冷凍した1kgです。

>>北海道産の行者ニンニク(送料無料)はこちら

その原因xで紹介された喜界島流長寿の秘訣その①はここまでです。
最後まで、ご覧くださりありがとうございました。

コメントを残す

*